Blog, イギリス

暑苦しいとわかっていても語りたい「コッツウォルズのススメ」

image
2016/10/19〜21
コッツウォルズ

 
一生に一度あるかないかの感動をもたらしてくれたコッツウォルズ。
「行ってみたい」と思ってくれる人がいたら嬉しいので、自分がどんな風にまわったかを書いておきます。

 
コッツウォルズには有名な村がたくさんあり、車やバスで複数の村をまわるのがポピュラーな観光方法だと思います。
ロンドンから近いので、日帰りでショートトリップも可能です。
訪れるのに一番良いシーズンは夏だと言われています。

 
でも自分はあえて、ポイントとして以下の3つをおすすめします。

1. 晩秋(10月後半)を狙え!
2.日帰りするべからず!
3.フットパス(散歩道)を歩きまくれ!

 
なぜ上記がおすすめかというと、自分がこれ以外の楽しみ方を知らないからです(どーん)

いや、もちろん他にも理由はありますよ!

 
まず季節について。

夏のコッツウォルズも、きっと大層素晴らしいんだろうと思います。
でも10月後半のコッツウォルズは、まだそこまで寒くないにもかかわらず、すっげー空いてるんです。
「え、ここってあの有名なコッツウォルズですよね…?」と不安になるほどです。
ハイシーズン真っ只中の夏は、きっともうちょっと混んでると思うんですよね。多分。おそらく。

 
image
村の中もとっても静かだし、

 
image
こんな田園風景も一人占めです。
罪深いほどの贅沢です。

そして何よりも、

 
image
image
紅葉が発狂しそうになるくらい美しいです。
まさに秋ならではです。

 
さらに、個人的に最もおすすめしたいのが、村の中だけでなく、村と村をつなぐフットパスを歩くこと!

いや、もちろん、有名な蜂蜜色の家々も素晴らしいですよ。

image
image
うん、素晴らしい

 
でもコッツウォルズの一番の魅力は、村を囲む田園風景だと自分は思います。
むしろ、田園風景の中に佇んでいる村こそを見るべきなんです。

image
image
これです。

村の中だけ観光するスタイルだと、これが車やバスの車窓から一瞬しか見えないわけです。
それはあまりにも勿体ない!
(なんか暑苦しい演説みたいになってきたな)

 
そもそもコッツウォルズ地方は標高300m以上に位置する丘陵地帯で、丘の上の方からの見晴らしが本当に素晴らしいんですよね。

さらにコッツウォルズは国からAONB(Area of OutstandingNatural Beauty)の認定を受けた特別保護地区なので、国と地方自治体によってとてもレベルの高い保全活動が為されています。
その活動のうちの一つが、広範囲に渡って整備されているフットパスです。
景観を損なわず、かつ観光客がコッツウォルズの大自然を存分に味わえるように作られています。

このフットパス歩きがもう、最高に楽しい!

 
image
平原を見渡せる開けた道から

 
image
隠し通路のような道まで

もう無数にあります。
まるで宝探しのようでとても面白い。
全てを網羅した地図は多分無いんじゃないかなぁ(あったらすみません)

個人的におすすめなのは、maps.meで適当に目的地を設定してルート検索をかけること。
「え、ここ公道だったんだ!」って道を教えてくれます。

 
image
一見私道にしか見えない道が公道だったりするんですよね。

 
で、ここまで読んでいただけたらおわかりだと思うんですが、フットパスを歩きまくるなら日帰りは不可能です。
そもそもコッツウォルズ地方には約100の村があり、その周辺に無数のフットパスが存在します。
それこそお遍路や巡礼くらいの意気込みで歩きまくることも可能、むしろそれが相応しい場所だと思います。

 
ちなみに自分は3日間で、チッピング・カムデン、ブロード・カムデン、ブロックリー、モートン・イン・マーシュ、ブロードウェイの周辺を計40kmくらい歩きました。
そうなんです、実はたった5つの村しかまわっていないんです。
偉そうにコッツウォルズを語る資格なし(´Д` )
すみません。。

最も代表的なのは、チッピング・カムデンからバースまでの164kmを歩く「コッツウォルドウェイ」と呼ばれるコースらしいです。
途中の村々に泊まりながら、5〜7日間くらいかけて歩くそうです。
自分は、もしまた人生に迷うことがあったら、今度はこのコッツウォルドウェイを全部歩いてみたいなぁと思っています。

 
以上、シモーネの独断と偏見によるコッツウォルズのススメでした!
最後に、フットパスを歩きながら出会った動物たちと、ブロードウェイタワーでの写真を紹介して終わります。

 
image
おなじみ、羊さん

 
image
リス…か?
デカイです。
そして木のめっちゃ上の方まで登っていく

 
image
image
突然鹿の群れが出てきたときはびっくりした。
1匹だけツノの立派なボス鹿がいて、彼が吠えると他の鹿はみんな「ははーっ」ってなってた

 
image
ブロードウェイタワーは、もはやRPGの世界に迷い込んだとしか思えない塔

 
image
内装がまた、素敵なんだなこれが

 
image
ずっと曇りだったんですけどね、突然雲がさーっと晴れて

 
image
こんな景色を目の当たりにしたら、無力な人間にできることなど、泣くことくらいしかないのだ

 
image
我ながら、すべてが浄化されたスッキリした顔をしてるなぁと

 
あ、しまった
ブロードウェイで泊まったホテルの紹介を忘れてた

 
image
image
ザ・フィッシュホテル
シングル1泊 92ポンド(¥11,748くらい)

遂に1万越え(´Д` )
駅近だと思ったら実は丘の上で、たどり着くのに死にかけた。
タクシー利用を全力でおすすめします。

でも間違いなく、今までの旅で最高のホテルでした。

 
image
image
家具が超好み

 
image
特にラジオにやられた

 
image
冷蔵庫に搾りたてミルクのサービス

 
image
イギリスのB&Bには紅茶やコーヒーがたくさん置いてあるのが嬉しい。
ホットチョコレートやクッキーまであった

 
image
窓の外はこの景色

 
image
共用棟の雰囲気もヤバイ

 
image
朝ごはん美味しすぎた

 
チェックアウトの日、ホテルを出たくなさすぎてちょっと泣きそうだったw

 
 
ブログランキングに参加しています!
↓クリックをいただけると励みになります。
2016-02-17 18.33.26
にほんブログ村






2016-10-29 | Posted in Blog, イギリス2 Comments » 

コメント2件

 ここんとうざい | 2016.10.29 9:01

こんにちは!

コッツウォルズには行ったことがないけど、本当に良さそうですね。

イギリス人の友人と白川の合掌造り村に行ったときに、「イギリスにもコッツウォルズというところで、伝統的な家を見られる」と言ってました。

写真を見て、本当に魅力的な場所だと思いましたよ。

 シモーネ | 2016.10.31 8:26

>ここんとうざい さん
魅力的な場所だと思っていただけて嬉しいです〜!!
景観維持の取り組みに頭が下がりました。
イギリスに行かれた際は是非!

Comment





Comment



*