海外ノマド, Blog, フィリピン

このループから抜け出せない



約2年前、住所不定無職になり、幾つかの国をしばらく1人で周っていた自分は、「これからはどんな場所でもなんとかやっていけるだろう」と特に根拠のない自信を持つようになっていた。

というのも、旅に出る前は毎日がどうにも息苦しくて、自分の居場所がどこにも無いような気がしていた。
なかば逃げ出すように日本を出た自覚があった。
でも旅が終わる頃には、そんな状態は克服できた気がしたのだ。

実際、帰国して間もない頃は、かつてのような息苦しさは全く無かった。
新しい環境でも自分の居場所をつくれたと思うし、劣等感に苛まれたり、見栄を張ったりすることもなくなった。

 
でも帰国から1年くらい経った頃から、違和感を持ち始めた。
また少しずつ酸素が薄くなっていくようだった。

 
日本はびっくりするほど安全で、清潔で、便利で、とにかく快適だ。
いろんな国を訪れて「世界は広い」と思い知ったけど、それでも「こんなに快適な国は地球上でただ一つなんじゃないか」と思っちゃうほどに。
そんな日本という国を築き上げるのに、先人たちのどれだけの知恵と工夫と努力があったことだろう。

なのに私はその「ありがたさ」に、いとも簡単にかまけてしまう。
稀有だとわかっている筈なのに、すぐに「あって当然」と思ってしまう。

やがてその快適さが少しでも損なわれると、それだけで不満を持つようになる。
それを自分以外の誰かの不備や失敗のせいにしたくなる。
ネチネチと責め立てたくなる。
「私は悪くないのに」と言いたくなる。

自分は決して失敗するまい、誰からも責められるまいと、自分で自分を膜で何重にも覆っていく。
息がとんどん苦しくなる。
いつのまにか、膜の中にいる真っさらな自分がどんな姿だったか、自分でもわからなくなっていく。

 
かつてのように、劣等感に苛まれて逃げ出すような後ろめたさは無くなった。
ただ、膜の中の自分が「お前が闘う場所はここじゃない」と言っている気がする。
そう感じてしまってからはもう、もう一度旅に出たくてしょうがなくなった。

 
今はただひたすら、旅をしていたあの時間が恋しい。
暇さえあれば思い出している。
かいだことのない匂いの街。
見たことのない色の海。
聞いたことのない言葉の歌。
人生で一番、思いっきり息ができた9カ月。

そうしてしばらくしたらまた、故郷が恋しくなるんだろうか。
ずっと隣の芝生を羨んで、無いものねだりをし続ける人生なんだろうか。

放浪して、安住を求め、また放浪する。
私はこのループから抜け出せなかった。
とりあえず35歳の現時点では。

 
 
にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村






2018-11-01 | Posted in 海外ノマド, Blog, フィリピンNo Comments » 
Comment





Comment



*